韓国まとめちゃんねる

韓国に関する出来事やニュースなどをいち早くお届け!

    タグ:1位



    BTS(ビーティーエス、朝: 비티에스)は、韓国の7人組アイドルグループである。BIGHIT MUSIC所属。別称は防弾少年団(ぼうだんしょうねんだん、朝: 방탄소년단、漢: 防彈少年團)。略称はバンタン(朝: 방탄)。公式ファンクラブ名はARMY(アーミー、朝: 아미)。 Big Hit Entertainment(現…
    161キロバイト (18,621 語) - 2024年3月10日 (日) 07:46



    (出典 bts-official.jp)


    外国人からも支持される歌手ということは、本当にすごいことだと感じます。これからも魅力的な音楽をたくさん届けてほしいですね!


    2024年4月8日、韓国・マネートゥデイは「ボーイズグループ『BTS』が5年連続で外国人が最も好きな歌手1位に選ばれた」とし、「メンバーの軍入隊による空白期間も人気に影響はなかった」と伝えた。

    韓国の文化体育観光部と韓国国際文化交流振興院が2日に公開した「2024海外の韓流実態調査」によると、BTSは「外国人が最も好きな歌手」部門で29.1%の支持を得て1位となった。同調査でBTSは18年に初めてTOP5入りを果たし、その後1位の座を守り続けているという。

    2位はガールズグループ「BLACKPINK」だった。記事は「BLACKPINKは昨年にYGエンターテインメントとグループ活動の再契約を結び、今後の活動に期待が高まっている」と説明した。

    3位は「江南スタイル」でワールドスターの仲間入りを果たしたPSY(サイ)、4位はBTSメンバーの中で最後(昨年12月)に軍に入隊したJUNGKOOK(ジョングク)、5位はシンガーソングライターのIUだった。JUNGKOOKは昨年に初のソロシングル「Seven」をリリースし、世界で注目を集めた。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「やっぱりBTSは最高だ」「さすがBTS。すごい記録」「私が一番好きな歌手もBTS!」「BTS以外のものには心臓がときめかない病気にかかってしまった」「BTSは代わりがきかない歌手。PSYがいまだに3位なら、BTSは今後10年は1位をキープするのでは」「PSYの人気がこんなに続くとは思わなかった」「JUNGKOOKの4位に驚き」などの声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    8日、韓国・マネートゥデイは「ボーイズグループ『BTS』が5年連続で外国人が最も好きな歌手1位に選ばれた」とし、「メンバーの軍入隊による空白期間も人気に影響はなかった」と伝えた。写真はBTS。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【外国人が選ぶ!最も好きな韓国の歌手、第1位は?】の続きを読む



    TWICE(トゥワイス) TWICE (日本の音楽グループ) - 2007年に結成した日本の2人組姉弟音楽ユニット。 TWICE (韓国の音楽グループ) - 2015年に結成した韓国の9人組ガールズグループ。 このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案…
    325バイト (109 語) - 2022年10月22日 (土) 22:32



    (出典 www.allkpop.com)


    TWICEの成功は実力と努力の賜物ですね。本当に素晴らしいグループだと改めて感じました。これからも応援しています!

     韓国のガールズグループ「TWICE」の公式インスタグラムアカウントが5日、1枚の画像を公開しました。

     華やかにドレスアップしたメンバーの画像とともに、TWICEが米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で1位を記録したことをつづっています。

     3月3日(現地時間)、ビルボードはTWICEが2月23日にリリースした、13thミニアルバム「With YOU-th」が、「ビルボード200」で1位を獲得したことを公式ホームページを通じて発表。

     デビュー9年目にして初めての快挙ということで、「私たちの輝かしい日々は、ワンス(TWICEのファン)のおかげで成り立っています」「一緒に歴史を作ってくれてありがとう」と、ファンに対する感謝のメッセージをコメントしています。

     K-POPを代表するガールズグループとして、さまざまな記録を打ち立てたことで、「最高のガールズグループ」「TWICEを誇りに思う」「最高!」「もー本当におめでとう」など、世界中のファンからの祝福のコメントが集まっています。

    Instagram:TWICE(@twicetagram)より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【TWICE、米ビルボード200で初の1位獲得!ファンへ感謝のメッセージを公開!】の続きを読む



    古代西洋では、医師の社会的地位は比較的低かった。 古代ギリシアにおいては、医師は自由市民であるとは限らず、奴隷である医師もいた。自由市民は自由市民の医師が診察し、奴隷は奴隷である医師が診察した。また古代ローマにおいても、市民権は与えられたといわれるものの、医師の地位は高くなかった。これはローマにおいて往々に医師
    58キロバイト (8,107 語) - 2023年11月15日 (水) 03:02



    (出典 www.irasutoya.com)


    韓国の医師が日本を引き離している理由は、おそらく政府や医療機関のサポートの差が関係しているのかもしれません。韓国では医療への投資や制度の改善が進められており、その結果として診療の件数が多いのかもしれませんね。


    2023年11月16日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国の医師1人が1年間で診療する平均患者数は6000人以上で、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で飛び抜けて多いことが分かった。

    OECDが最近公開したデータによると、21年の韓国の医師1人当たりの診療件数は6113人で、関連統計のあるOECD加盟国32カ国のうち最も多かった。OECDの平均である1788人の3.4倍で、2番目に多い日本(4288人)と比べても1800人ほど多く、最も少ないギリシャ(428人)の14.3倍に達した。

    記事は「医師1人当たりの診療件数が多い原因は、医師不足という根本的な問題に加え、複数の医療機関を利用する患者の“医療ショッピング”慣行にあるとみられる」と分析している。

    患者1人が1年間に対面診療を受ける医師の数は15.7人で、OECD加盟国のうち最も多く、関連資料のある32カ国の平均(6.0人)の2.6倍に達した。また、韓国の人口1000人当たりの医師数は2.6人で、OECDの平均(3.7人)より大幅に少なかった。

    医師1人当たりの患者数が多いため診療時間は短くならざるを得ず、韓国の1次医療の診療時間は平均4.3分で、OECD平均(16.4分)の4分の1の水準だったという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「韓国は医療費が安く、みんな鼻水が出ただけでも病院へ行くから。医師不足とは関係ない」「近所に医師が多く、迅速に安く診てくれるから病院によく行くんだよ」「少しの不調でもすぐに医師に診てもらえる国は韓国以外にない」「平日の夕方や土曜日も予約なしで専門医の診療が受けられるOECD唯一の国が韓国。それも安い費用で」「韓国国民はありがたみを知るべき。医師は薄利多売でサービスを提供し、少しでも問題があると大騒ぎする人たちを毎日診てくれているのだから」などの声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    16日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国の医師1人が1年間で診療する平均患者数は6000人以上で、経済協力開発機構加盟国の中で飛び抜けて多いことが分かった。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【韓国の医師が1年間で診療する平均患者数、日本に差をつけ圧倒的1位…韓国ネットも感謝の声】の続きを読む



    Nizi Project(ニジ・プロジェクト)は、韓国の芸能プロダクション・JYPエンターテイメントと日本の音楽会社・ソニーミュージックによる合同グローバルオーディション。略称は「虹プロ」。 メンバーそれぞれの色(個性)が重なり、美しい光を放つ虹のような存在を発掘、育成するというJ.Y. Parkの想いから命名された。…
    102キロバイト (2,206 語) - 2023年11月10日 (金) 06:16



    (出典 www.sme.co.jp)


    ハルの1位は意外だったけど、彼のパフォーマンスは確かにスター級です。でも他の順位も気になりますね。この舞台でどんな才能が光るのか、ますます楽しみになってきました!

     ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントによる日韓合同オーディションプロジェクト『Nizi Project Season 2』のPart2韓国編5話が10日、Hulu(毎週金曜 後10:00)で配信された。

     前回4話からは2nd Stage「チーム対決」に突入。12人が4チームに分かれ、2チームごとが対決し、勝利チーム全員がキューブを獲得できる。前回は、ユウヒチーム(ユウヒ・ユウキ・ミラク)vsユウチーム(ユウ・ハル・エイジ)が対戦し、ユウチーム「Rain Boys」が勝利した。

     今週はトモヤチーム(トモヤ・ショーン・タイガ)vs ケンチーム(ケン・セイタ・ソウダイ)の対決。まずは、“ビリの逆襲”ケンが初めてのリーダーを務める「三色団子ヒーローズ」(ケン・セイタ・ソウダイ)がステージにあがった。

    ■三色団子ヒーローズ(ケン・セイタ・ソウダイ)

     J.Y. Park氏がこの3人に選んだ楽曲は、2PM「Comeback When You Hear This Song」。見る人の心を奪うことができる“感情表現”に期待をして選曲した。

     練習初日には、トレーナーに何度も曲を止められ、「どんな感情で歌っているのか、まったくわからない!」「感情表現ができなかったら、ステージで何も見せられない」と指摘を受ける。リーダーのケンも壁に直面。日本合宿の最下位から個人レベルテストで3位まで急浮上したものの、「主体的に自分からまとめられず、人目を気にしてしまう。ボーカルやダンスでは僕が言える立場ではない…」と、リーダーとしての役目を果たせていないことに悩む。

     しかしケンは、名前入りの自作ブレスレットをチームメイトのセイタとソウダイにプレゼントするなどして、しだいに3人の心を一つにまとめていく。さらに、ケンの発案で“歌詞をせりふ風に言う演技する練習”を取り入れ、“感情表現”を身に付けていった。

     本番では、ソウダイの甘い歌声で一気に3人の世界へ引き込むと、それぞれが仕草や表情一つひとつに感情を込めて歌い上げていく。ケンとセイタの伸び伸びとした歌声と笑顔も印象的で、感情が伝わってくる、感動的なパフォーマンスを披露した。

     J.Y. Park氏は、「いろんな面で期待以上のステージでした」と感嘆。「歌で訴える力を感じたし、期待していなかったダンスまで、すばらしいシンクロ感でした」「メンバー同士の統一性は練習量です。皆さんの統一性は最高レベルでした。練習量が感じられるパフォーマンスでした」と絶賛した。

     ケンとセイタに対しては「歌が期待以上でした。メロディーの奥に感情を入れて歌っていたのが印象的でした」と高評価。「自分がどこまで成長できると思うか?」と問いかけられたケンは「日本合宿の映像を振り返ることがあって、こうやって変われたので、もっと一生懸命練習したら想像以上に伸びるのではと思っています」と答える。J.Y. Park氏は「ビリの逆襲はまだまだ続きますね」とさらなる成長に期待を寄せた。

     しかし、ソウダイに対しては「歌で強烈な何かをみせてほしかった。その点だけが惜しかった」と、もどかしげ。ソウダイが思いきり歌の実力を発揮することを願う助言で評価を終えた。

    ■世界三大プリンス(トモヤ・ショーン・タイガ)

     続いて、トモヤがリーダーを務める注目のチーム「世界三大プリンス」(トモヤ・ショーン・タイガ)がステージに上がった。J.Y. Park氏が選んだ曲はWanna Oneの「Energetic」。K-POPの典型的な速くて正確なシンクロ感のあるダンスを求めての選曲となった。

     リーダーで個人レベルテスト2位のトモヤは練習初日、ショーン(8位)、タイガ(11位)に、「(2人の個人順位が)もっと上に上がってほしい。問題点を直すために基礎を練習して、ルーティンを作ろう」と提案する。

     トモヤが率先して個人の成長につながる自主練習を行い、タイガは「自分の役に立っている」と実感。ショーンも「何が足りないかが明確になりつつある」と手応えをつかむ。

     しかし、トレーナーからは「動きがそろっていない。リズムがズレていく」と、シンクロ感がポイントの曲で一番大事な“統一性”の壁にぶつかる。本番直前に集まった3人は、それぞれの胸の内を明かし、ショーンとタイガから「ラストチャンスだと思ってる」という覚悟を聞いたトモヤは、“デビュー”の目標を改めて心に刻み、気持ちを新たに練習に励んでいった。

     本番のステージは、ゆったりとしたリズムに合わせ、トモヤがしっとりと歌い上げて始まった。徐々にテンポアップしていき、キレのあるダンスを見せる3人。難しい楽曲にもかかわらず、思わず感嘆があがるパフォーマンスをみせた。

     J.Y. Park氏は、「まず3人とも足りないところを補ってきたのが見えました」と切り出し、トモヤに対しては「ダンスは振付の動きと、その奥のフィーリングが合わさったもの。トモヤくんはその2つが全部良かったです」「スター性に頼らずに動きを正確にしたことが本当に良かったです」と高評価。

     続けてショーンに対してはK-POPの典型的なダンスのスピードと正確さがいつも足りなかったけど、そこがとてもよくなりました」、タイガに対しても「いつも身体が重そうに見えるところがよくなりました」と、個々の成長を評価した。しかし「このパフォーマンスで何よりも大事なのは“統一性”でした。メンバー個々の足りないところはよくなったけど、その統一性が残念でした」と、チームとしてのパフォーマンスに対する物足りなさを口にした。

     両チームのステージが終わり、J.Y. Park氏は「両チームともよいところと足りないところを見せましたが、よいところが大きかったチームを選びました」とし、「勝利チームは“三色団子ヒーローズ”です」と発表。ケン、セイタ、ソウダイの3人がキューブを獲得した。

     2nd Stage「チーム対決」が終わり、個人順位を発表。勝利チームの6人以外に、トモヤ、ユウヒ、ユウキが追加キューブ獲得し、以下の順位となった。

    ■2nd Stage「チーム対決」個人順位

    1位:ハル 【キューブ2個】
    2位:トモヤ 【キューブ2個】★追加キューブ
    3位:ユウヒ 【キューブ2個】★追加キューブ
    4位:ユウ 【キューブ2個】
    5位:ケン 【キューブ2個】
    6位:セイタ 【キューブ2個】
    7位:ユウキ 【キューブ2個】★追加キューブ
    8位:エイジ 【キューブ2個】
    9位:ソウダイ 【キューブ1個】
    10位:ミラク 【キューブ0個】
    11位:タイガ 【キューブ0個】
    12位:ショーン 【キューブ1個】

     チーム対決では惜しくも敗れたものの、「歌とダンスの驚くべき成長」を見せたユウヒが3位、同じくチーム対決では敗れたが、「圧倒的な存在感」で高い評価を得たトモヤが2位、そして、完璧なパフォーマンスで「すでにスターに見える」と絶賛されたハルが初の1位に輝いた。

     韓国合宿では最下位に2回なると脱落となるが、前回最下位だったミラクは10位にランクアップし、脱落は免れた。新たに今回12位のショーンが瀬戸際に立たされた。

     次回6話は、17日午後10時よりHuluで配信開始。緊張が続くオーディションを一旦休み、「Nizi Project Season 2 芸能体育大会」を開催。体を動かして仲間との絆を深める。

    『Nizi Project Season 2』2nd Stageで初の1位となったハル


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ニジプロ2】2nd Stageの個人順位発表!「注目の逸材が1位に輝く」】の続きを読む



    この項目では色を扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 NiziU(ニジュー、朝: 니쥬)は、日本の9人組ガールズグループ。所属事務所はJYPエンターテインメント。レコードレーベルはエピックレコードジャパン。 J.Y.Parkが計画した「K-Pop 3…
    92キロバイト (9,095 語) - 2023年11月6日 (月) 14:39



    (出典 www.planetpixmedia.com)


    SHOW CHAMPIONでの1位獲得おめでとうございます!Billlieのツキはデビュー前から韓国で練習生生活を送り、日本と韓国の両方で活動してきたからこそ、NiziUと分かり合えることもあるのかもしれませんね。

    【モデルプレス=2023/11/08】9人組ガールズグループ・NiziU(ニジュー)が、11月8日に放送されたMBC MUSICの歌番組「SHOW CHAMPION」で初の“1位”を獲得。リーダーのMAKO(マコ)と、番組MCを務めるBilllie(ビリー)のTSUKI(ツキ)とのやり取りが注目を集めている。

    ◆NiziU、韓国歌番組で初の1位に

    韓国の主要音楽番組では、楽曲の成績をもとにアーティストをランキングし、番組ごとにその週の1位を発表。歌番組での1位獲得は若手アーティストにとって登竜門の1つとなっている。NiziUの韓国デビュー曲「HEARTRIS」はオンラインでの事前投票スコアで同週のトップとなり、音源・音盤・SNS(YouTube)・放送スコアの合算でそのまま1位を獲得した。

    ◆MAKO、涙で感謝伝える

    番組のエンディングでは、1位候補に挙がっていたNiziUとMC陣が隣同士に。1位発表の瞬間になると、ツキは隣に並んだマコに「1位ですよ!1位!」と満面の笑顔で祝福。「マコちゃん!」とマイクを手渡し、1位の感想を述べながら泣いてしまったマコの肩をずっと支えていた。

    NiziU、Billlieとしてのデビュー前から韓国で長年練習生生活を送り、日本・韓国の両方で活動してきた2人。NiziUのアンコールステージ前には2人でハグも交わし、SNS上では「ツキちゃんとのハグでさらに涙止まらん」「日本と韓国で頑張って来た2人だからこそ分かりあえることだよね」「尊すぎる。泣ける」「2人とも日本の誇り」と反響が殺到している。(modelpress編集部)

    【Not Sponsored 記事】



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【NiziU、韓国音楽番組初1位!リーダーのマコと番組MCを務めるBilllieツキとのやり取りが話題に!】の続きを読む

    このページのトップヘ