パクミニョン(박 민영、1986年3月4日 - )は、韓国・ソウル特別市出身。身長164cm、体重46kg。血液型O型。東国大学演劇映画科卒業。HOOKエンターテインメント所属。 2005年、『SKテレコムJune』のCMでデビュー。その1年後、MBCドラマ『思いっきりハイキック!』に出演し女優デビュー。…
26キロバイト (2,801 語) - 2024年1月15日 (月) 17:59



(出典 herewe5.xyz)


プライベートショットやダンスまで披露してくれて、最高のファンミーティングですね!5年ぶりの来日で涙を見せていたようですが、それだけファンへの思いが強いんだなと改めて感じました。

 韓国俳優のパク・ミニョンが3月23日の東京公演に続き、31日に大阪・NHK大阪ホールで約5年ぶりとなる来日ファンミーティング『2024 PARK MIN YOUNG FANMEETING “MY brand new DAY” in JAPAN』を開催した。

【写真】大胆衣装も…!来日ファンミを開催したパク・ミニョン

 オープニング映像が流れイベントの始まりを告げると、ドラマ『私の夫と結婚して』のOST「Bad Liar」のイントロと共にステージ上のLED画面が上がりパク・ミニョンが登場。少し緊張したようにも見えたが、客席からの大きな歓声に応えながら歌い切った。東京では「みなさん会いたかったですか?」と日本語で、また大阪では「みなさん、めっちゃ会いたかったで」と関西弁で呼びかけ、ずっと会いたかったという日本のコンアル(ファンの総称)へ改めてあいさつをした。

 今回のイベントでは入場時にプレゼントとしてオリジナルのノート、フォトカード、ボールペン、定規が来場者全員に配られていたが、これはパク・ミニョン本人プロデュースによるもの。本人からの愛情がたくさん詰まった豪華なプレゼントにイベント開始早々感動の嵐となった。

 最初のコーナーでは“2024プロフィール更新”と題し、過去のプロフィールを見ながら最新の情報に更新していく。最近の口癖ではMCから教わり日本語で「よし、行こう!」、大阪では「よし、行くで!」「よし、行こか!」と何度か言ってみせ、会場からは「かわいい!」という声が多く聞こえた。また自信のある身体のパーツでは「肩と骨盤」と答え、美しいボディラインを披露。起きて一番にすることとして愛犬レオンの絵を描いてみせ、「早起きなので朝起きると一番はじめに目に入ってきます」と明かした。

 “近況4カット”のコーナーではプライベート写真を公開。大阪のユニバーサルスタジオに行った時の写真や、愛犬レオンの写真、ピラティスの写真、『私の夫と結婚して』の撮影でウエディングドレスを着た時の写真の4カットを披露。ユニバーサルスタジオのエピソードでは、「乗り物酔いしやすくて激しいアトラクションは苦手」と前置きし、「ハリーポッターのアトラクションでも、止めて止めて、とずっと叫んでいました」とエピソードを披露した。またピラティスは、「仕事上、体のバランスが崩れやすいので始めました」と取り組んだきっかけについて触れ、かれこれ7~8年、今も週に1~3回続けていると話した。子どもの頃は体操やバレエをしていたというこぼれ話も出た。

 続く“『私の夫と結婚して』ベスト3”のコーナーでは、日本でも大ヒットとなったドラマについて深堀り。事前にファンからアンケ―トをとった“スカッとしたシーンベスト3”の結果を見ながら、撮影時のエピソードを振り返るドラマファンにはうれしい時間となった。特に見事1位に輝いた「ミンファン(ドラマ内のクズ夫)を背負い投げするシーン」は、パク・ミニョン自身も痛快だったとコメント。以前にもドラマのために柔道技を練習したことがあり、またこのシーンは事前に段取りをよく打ち合わせしミンファン役のイ・イギョンとの息もよく合ったので実現できた、と誕生秘話を公開した。

 先日ベトナムに行った際に撮影したというVLOG映像を鑑賞した後は、なんとダンスステージ。JENNIEの「You & Me」をジャズバージョンでしっとりと歌い魅了し、後半ではテンポアップと同時にダンサーと息の合った華麗なダンスを披露。その美しいパフォーマンスに拍手喝采となった。“Ask about You”のコーナーでは事前にファンから募集していた質問に答えた。「撮影現場に3つだけ持っていけるとしたら?」という質問では、「あれこれ持ち歩くスタイルなので…」としばし悩むも、最終的にイヤホン、のど飴、iPadの3つに絞られた。「最近一番感動したことは?」という質問では間髪入れずに「きょう」と答え、客席から大きな拍手が送られた。

 衣装チェンジの間には、たくさんの共演俳優たちからのメッセージ映像が。ナ・イヌ、イ・イギョン、イ・ギグァンなど最新作での共演者のほか、パク・ジンジュ、キム・ミギョンなど縁の深い豪華俳優陣からのメッセージが届いた。

 その後もゲームコーナーや撮影タイムで盛り上がったイベントは、終盤にファンたちからのメッセージを集めた動画がサプライズとして流された。パク・ミニョンは驚いた様子で画面を見つめていた。メッセージに返事をしながら笑顔を見せたり、思わず涙を流す場面も。ずっと応援しているファンたちからの気持ちが伝わりサプライズは大成功。

 最後にはパク・ミニョンがファンに向けて準備したという手紙を朗読。思いが込み上げ、目に涙を溜めながらも丁寧に思いを伝える姿に客席にも涙があふれた。さらに日本のファンのために練習したという宇多田ヒカルの「First Love」を披露。日本語の歌詞も完璧に歌い上げ、「また会いに来ます」という最後の挨拶とともに感動のフィナーレを迎えた。終演後には来場者一人ひとりをお見送りし、最後までファンへの愛情が溢れるイベントとなった。

『2024 PARK MIN YOUNG FANMEETING “MY brand new DAY” in JAPAN』を開催したパク・ミニョン


(出典 news.nicovideo.jp)