チャンウク(朝: 지 창욱、1987年7月5日 - )は、韓国の俳優。身長182cm、体重65kg、血液型AB型。檀国大学校公演映画学部卒業。スプリングカンパニー所属。本貫は忠州池氏。 高校生時代に俳優を目指し、檀国大学校 公演映画学部へ進学。大学生時代は、さまざまな短編映画とミュージカルに出…
36キロバイト (4,741 語) - 2023年9月13日 (水) 11:49



(出典 danmee.jp)


チ・チャンウクさんの演技力にはいつも感心させられます。新境地となる役柄に挑戦していたということで、その努力が伝わってきますね。身体的にも精神的にも大変だったとのことですが、素晴らしい演技が見られるのが楽しみです。

オリジナル韓国ドラマ「最悪の悪」が9月27日(水)よりディズニープラスの「スター」で独占配信開始。配信に先駆けて9月21日に行われたキャスト来日記念イベントに、主演のチ・チャンウクをはじめウィ・ハジュン、イム・セミの3人が登壇し、作品への思いを語った。また、日本からチャンウクの大ファンを公言している“ぱるる”こと島崎遥香と、大の韓国ドラマフリークで知られるお笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司も参加した。


■潜入捜査官VS犯罪組織リーダー

同作は、1990年代を舞台に「潜入捜査官VS犯罪組織リーダー」の手に汗握る駆け引きと激しいアクションが楽しめる予測不能なノンストップ・クライムアクション。正義と悪の狭間で揺れる葛藤と三角関係がもたらす大人の恋愛も描かれる。

麻薬カルテルに潜入することを決意する主人公の刑事パク・ジュンモを演じるチャンウクは「(皆さんに)お会いできてうれしいです」と笑顔であいさつ。

今作で、これまでのラブコメなどで演じてきた好青年とは違う役柄で新境地を拓いたチャンウクは「楽しい現場でしたけど、絶えず緊張感を維持していなければなりませんでしたし、どのように役の強弱のアクセントをつけていくべきなのか。アクションシーンも大変で身体的にも精神的にもたやすい作品ではなかったですけど、監督のOKサインを信じながら演じていました」と、苦しみながらも充実した撮影期間を振り返った。

■ハジュン「まなざしや動作、呼吸などで表現できるよう心掛けました」

犯罪組織のボス・ギチョル役のハジュンは「(見ている人に)何を考えているのか分からない人物として映りたいなと。相手に合わせて態度を変える曖昧な部分も持っている人物なので、まなざしや動作、呼吸などで表現できるよう心掛けました」と役作りで工夫した点を披露。

また「こんにちは」と流暢な日本語であいさつし、会場にいるファンのハートをつかんだジュンモの妻・ウィジョン役のセミは、作品のキャンペーンで来日したのは今回が初めて。「日本の方たちが韓国ドラマを楽しんでくれていて私たちのドラマ『最悪の悪』も歓迎してくださっていることが分かります。とても感動していますし、ワクワクしています」とうれしそうに語った。

チャンウク、ハジュン、セミの3人はイベント中も終始笑顔。取材陣だけではなくイベントに来たファンのための撮影タイムの時も大きく手を振ったり、1人1人の声援に応えたり。イベント終了後も壇上に残って客席をバックに3人で自撮りするなど、サービス精神たっぷりの“最高の時間”を演出した。

「最悪の悪」は、9月27日(水)の初回一挙3話配信、4話以降は毎週水曜2話ずつ配信、最終週は3話一挙配信される(全12話)。

◆取材・文=小池貴之


「最悪の悪」キャスト来日記念イベントに登壇したウィ・ハジュン、チ・チャンウク、イム・セミ(写真左から)/撮影:ブルータス・シーダ


(出典 news.nicovideo.jp)