韓国まとめちゃんねる

韓国に関する出来事やニュースなどをいち早くお届け!



    2023年2月17日閲覧。 ^ “SHINee キー、1stソロコンサート「THE AGIT KEY LAND–KEY」追加公演が決定…開催前から期待高まる”. Kstyle. 2023年2月17日閲覧。 ^ “SHINee キー、1stソロコンサート「THE AGIT KEY LAND–KEY」が開幕…初日から大盛り上がり”…
    78キロバイト (8,065 語) - 2024年2月8日 (木) 15:40



    (出典 www.allkpop.com)


    日本公演と約6年ぶりの日本オリジナル作品、楽しみですね!KEYのパフォーマンスも見逃せません!

     韓国のグループ・SHINeeのKEYが、東京と神戸で『2024 KEYLAND ON : AND ON in Japan』を開催することが決定した。KEY単独での日本公演は、昨年3月以来1年4ヶ月ぶりとなる。

    【写真】6年ぶりとなる東京ドームでSHINeeが圧巻パフォーマンス

     今年1月に韓国・ソウルで行われた単独公演『2024 KEYLAND ON : AND ON』の日本公演は、7月6日・7日に東京・国立代々木競技場第一体育館、8月10~12日に兵庫・神戸ワールド記念ホールで全5公演が開催される。

     SHINee OFFICIAL FANCLUB「SHINee WORLD J」MEMBERSHIP(JP)では、きょう19日午後6時よりファンクラブ受付(抽選)がスタートした。

     このライブにあわせて、1stミニアルバム『Hologram』(2018年12月発売)以来、約6年ぶりとなる日本オリジナル作品のリリースを予定していることも明らかになった。詳細は後日発表される。

    ■『2024 KEYLAND ON : AND ON in Japan』
    7月6日(土):東京・国立代々木競技場第一体育館
    7月7日(日):東京・国立代々木競技場第一体育館
    8月10日(土):兵庫・神戸ワールド記念ホール
    8月11日(日):兵庫・神戸ワールド記念ホール
    8月12日(月・祝):兵庫・神戸ワールド記念ホール

    SHINee・KEYの『2024 KEYLAND ON : AND ON in Japan』公演ポスター


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【SHINeeのKEY、東京と神戸で『KEYLAND』開催決定!】の続きを読む



    ソンガンホ(朝: 송 강호、1967年1月17日 - )は、大韓民国出身の俳優。 1967年、慶尚南道金海市生まれ。中学校2年生の時から俳優を志し、1985年に金海高等学校を卒業。当時の韓国では全国に演劇映画科が5つしかなく、入試に一度失敗した後に釜山の慶尚大学校放送芸能科に入学するが、まもなく入…
    31キロバイト (3,963 語) - 2024年3月19日 (火) 15:35



    (出典 news.livedoor.com)


    本作は心温まるストーリーと感動が詰まっていると聞いています。ぜひ観たいですね!

    ソン・ガンホが主演を務める、オリジナル韓国ドラマシリーズ「サムシクおじさん」が、5月15日(水)よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」にて独占配信されることが決定(全16話/初週5話一挙配信、以降毎週水曜日2話ずつ、最終週3話配信)。日本語版ポスタービジュアル&ティザー予告編が解禁された。

    【動画】ソン・ガンホがドラマ初主演を務める「サムシクおじさん」予告編

    ■豊かな国を目指し奮闘する男の熱き生き様を描くヒューマン・エンターテインメント

    本作は、1960年代の激動の韓国を舞台に、謎の政治フィクサーであり、“サムシクおじさん”の愛称で呼ばれる男と、自国の運命をなんとか好転させようと奔走する野心あふれる理想主義的な青年キム・サンが、誰もが1日3食を食べられる豊かな国に変えるという野望を抱きながら、欲望渦巻く中で奮闘する様子を描いた骨太のヒューマン・エンターテインメント。

    キム・サンは、奨学生としてアメリカ研修で経済学を学び、韓国を産業国家にする夢を持っていた。しかし、自分の力だけでは難しいと壁を感じていたところ、同じ夢を抱いているという“サムシクおじさん”と出会う。“サムシクおじさん”とは、家族を飢えさせないために、戦争中も毎日3食(サムシク)を与えたことに由来する愛称で、戦後の苦境にあえぐ韓国を、誰もが1日3食を食べられる豊かな国に変えることを目標に、2人は不穏なパートナーシップを組むことになる。

    サムシクおじさんことパク・ドゥチル役に、本作が人生初のドラマ主演となるソン・ガンホ、次世代実力派俳優のピョン・ヨハンがキム・サン役を演じる。さらに、イ・ギュヒョン、ソ・ヒョヌが出演し、映画「カシオペア」を手掛けたシン・ヨンシクが監督・脚本を務める。

    ■日本語版ポスタービジュアル&ティザー予告編解禁

    このたび解禁されたのは、薄暗い部屋の中、両手に食べ物を持った笑顔のサムシクが映された日本語版ポスタービジュアル。「夢、野望、成功をもたらす、その名は――」というキャッチコピーは「サムシクおじさん」と呼ばれ慕われている男の親しみのある笑顔の裏に、秘める野望があることを感じさせている。

    また、ティザー予告編では、次々と映し出される登場人物たちと「サムシクおじさんって誰だ?」「おい! サムシク!」「サムシクおじさん」「サムシクおじさん?」など、様々なニュアンスでサムシクを呼ぶ声が飛び交う。

    「戦争中も1日3食を全部食べさせたと。自分の家族は養うって。愛と尊敬の意味で みんなそう呼んでいます」と説明されるが、怪しげな笑いを浮かべてこちらを見ているサムシクは、なにやら不穏な空気すらある正体不明な人物として描かれている。また、イ・ギュヒョンやソ・ヒョヌの姿もチラリと映し出されている。


    ソン・ガンホ主演の「サムシクおじさん」日本語版ポスター&予告編解禁/(C)2024 Disney and its related entities


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ソン・ガンホ主演の「サムシクおじさん」日本語版ポスター&ティザー予告編が解禁!】の続きを読む




    (出典 mdpr.jp)


    これからのシーンでも注目されること間違いなしのBOYNEXTDOOR。どんな音楽が楽しめるのか、今からとても楽しみです!


    BOYNEXTDOORが、4月15日に2nd EP「HOW?」でカムバック。本作の発売を記念して、同日に韓国・YES24 LIVE HALLにてショーケースイベントが行われた。

    【会見写真】2006年生の最年少・WOONHAK(全部17枚)

    全編通して“キッチュコア”

    「HOW?」は、これまでリリースされてきた作品「WHO!」「WHY..」の間を埋めるようなEP。初恋のときめきを歌った「WHO!」から、初めての別れを経験し傷ついた心を歌った「WHY..」に至るまでの過程が表現されている。

    本作の全収録曲には“キッチュコア(キッチュとノームコアを組み合わせた造語)”の要素が取り入れられているといい、LEEHANは「“隣の少年たち(BOYNEXTDOOR)”らしい親しみやすさにキッチュなエネルギーを加えて、自分たちのカラーを作ることができた」と今回のカムバックに自信を見せる。SUNGHOは、「HOW?」が「メンバー全員が音楽的な悩みをたくさん分かち合いながら作った作品」であると話し、それゆえに「ぴったりの服を着てカムバックしたような気分」とリリース日を迎えた心境を形容した。なお制作過程ではパフォーマンス面でも大きく成長できた実感があるそうで、RIWOOが「以前は指導する先生たちと議論しながら作っていったのが、今では僕に任せてくれるところが多いんです」とうれしそうに話すひと幕もあった。

    セルフ「Sped Up」攻略に向けて

    本作のリード曲は「Earth, Wind & Fire」。曲中にBPMが急上昇する「Self Sped Up」が取り入れられているのがこの曲の大きな特徴で、JAEHYUNは「音程もちゃんと合わないといけないのでピアノを弾きながら練習に励みました」、WOONHAKは「ディテールを正確にお見せしようと努力しましたし、全体的なまとまりも意識しました」と、歌とパフォーマンスの緻密なこだわりを明かす。なお楽曲の制作に参加したJAEHYUNいわく、この曲の主人公は「自信にあふれてカッコいいものの、不思議と恋だけはうまくいかずに焦る人」。TAESANは「メンバーそれぞれが表現するカッコよさの違いを観ていただくと、より楽しめると思います」と見どころを述べた。

    5月にデビュー1周年を迎えるBOYNEXTDOOR。終盤での報道陣との質疑応答にてこの1年間の感想を尋ねられた際には、SUNGHOが「あっという間でした。常に音楽と舞台に集中していきたいという初心は忘れずにもっと成長していきたいです」とコメントする。またグループの今後に関する話題では、WOONHAKが「まもなく初めてのファンミーティングを開きます。楽しみにしていてください!」と笑顔を弾けさせた。

    BOYNEXTDOOR (c)KOZ Entertainment. All Rights Reserved.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【BOYNEXTDOORがカムバック!遊び心満載の新作「HOW?」で見せる新たな魅力!】の続きを読む

    このページのトップヘ